さくら介護の理念

経営目的

さくら介護グループは、人を幸せにする為に、商品やサービスを提供し続けます。

経営理念

  • 常に、善い事をする企業であり続けます。
  • 常に、「時代」に貢献できる企業を目指し続けます。
  • 常に、社会を支える「力」を創造し続けます。
  • 常に、パートナーを大切にする企業であり続けます。

5つのポイント

ここに注目! マーケットの成長性

2000年から始まった介護保険は、高齢者が増大している事もあり、わずか、数年で飛躍的に成長を遂げたマーケットです。 2025年には、3人に1人が高齢者という時代へと突入していき、社会保険法人などが解体され、国に財源が無い状態となってきます。 それに伴い、営利法人や医療法人のシェアは拡大していき、入院病棟から在宅療費へ転換する時期となってきます。 近年、2006年をピークに日本の人口は減少しつづけてします。それに伴い、ほとんどの業界の市場が縮小し、過度な競争による顧客の奪い合いなのが現状問題です。 しかし、このような日本の経済環境のなかで、需要が多く、供給が追いつかない業界が介護業界なのです。 介護の市場は、2050年まで成長し続けるであろうといわれております。 高齢者と定義されている65歳以上の人口は2050年まで増加するという推計(国立社会保障・人口問題研究所)が出ています。

増え続ける要介護者数に対して、サービスを提供する介護施設の数が圧倒的に不足しているということ、つまり、介護事業が日本に残された数少ない成長分野であることをご理解いただけるかと思います。

資料請求はこちら

介護事業フランチャイズの、資料請求・お問合せは下記までお気軽のご連絡下さい。

お問合せ電話番号 TEL 093-612-7773

Facebook